スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

財団法人の移行認可

特例法人の一般法人への移行認可がようやく見通しがたってきた。公益等認定委員会での審議も終了したようで後1週間弱程度で認可証の交付がなされる予定だ。今月末に定時評議員会と定時理事会が開催されるのでその前に移行に伴う設立登記をしないと今までの準備がひっくり返ってしまう。そこまでは緊張が続くが見通しがたっただけでも少し安心できた。
スポンサーサイト

詐害行為取消しによる抹消登記

 詐害行為取消による抹消登記の形式に非常に疑問を抱いている。この場合、取消権者が登記義務者を相手に訴訟をして確定判決を得て、債務差hに対する債権に基づき債務者の登記請求権を代位行使して単独で登記申請するということのようである。しかし、詐害行為取消権を主張できるのはあくまで原告であり、その裁判が勝訴して確定したとしても原告の債務者はその判決に基づいて権利行使できないはずである。しかしながら、登記実務においては判決書正本が登記原因証明情報のみにとどまらず代位原因証書として使用され、原告がその債務者の有する登記申請権を代位行使する形式をとっているものと思われる。しかし、前述したように原告の債務者は訴訟に基づいて権利行使できないのであって、その行使不能な権利を代位して行使するというのは論理的に矛盾・破綻しているように思われる。
 やはり、詐害行為取消判決確定による所有権等の抹消登記の権利者は原告としてよいのではないかと考えてします。
プロフィール

ヒナティ

Author:ヒナティ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。